>

プチ整形で前向きにー経験者の言葉

メイクやおしゃれが楽しくなった!

学生時代は一重まぶたにコンプレックスがあったというSさん。
メイクをしても何も変わらない、無駄だとさえ思っていたそうです。
その自信のなさから人と目を合わせるのを避け、性格もひねくれていったと言います。
ある時ひょんなことから外見の話になりヒートアップ。
美人な友達に思わず強烈な嫌味を言ってしまったSさんは、このままでは友達を失ってしまうと思い自分を変えることを決意。
以前から気になっていた二重まぶたへの整形手術を受けてみることにしました。
憧れの二重まぶたを手に入れたSさんはアイメイクに力を入れるようになり、そこからファッションへの興味も湧いて、これまで参加することの少なかった友達グループとの会話やショッピングも楽しめるようになったそう。
Sさんは、こんなに簡単に世界が変わるのなら、もっと早くに手術を受けていれば良かったと綴っていました。

恋愛に前向きになれた!

Rさんは胸が小さいことを気にしていました。
彼女は明るく活発で友達もたくさんいましたが、ある飲み会で男友達の一人が彼女の胸の薄さを冗談交じりに話したのです。
その時は笑ってごまかしたRさんでしたが、家に帰ってから思い出しベッドで泣いてしまいました。
そのことがきっかけで他の男性も同じように自分の胸を笑っているのではないかと感じ、恋愛に後ろ向きになっていきます。
ある日、ふとタウン誌の豊胸手術の広告を目にしたRさんは思い切って手術を受けてみることにしました。
術後、早速彼女はサイズアップした胸にあう可愛い下着を購入します。
鏡に映った自分にみるみる自信が湧いたRさんは、数日のうちに気になっていた男性に告白してみました。
残念ながらその恋は実りませんでしたが、その時彼は彼女に綺麗になったね、と言ったそうです。
そのことで自信がついたRさんは今、恋に積極的に動いていると笑顔で語っていました。


この記事をシェアする